読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の薬

アルツハイマーなどの認知症の薬のやめどきとは?

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症など様々な認知症があります。 その症状の進行を抑える薬としてアリセプトなどのコリンエステラーゼ阻害薬が現在治療に使われています。 これらの薬は一体いつまで飲んだらいいのでしょうか? さらにやめどきは副…

認知症になってもアリセプトは飲むな!それって本当?

認知症になってしまうと色々な症状がでてきて本人、家族が不安になります。 今のところ認知症の症状を抑えること、進行をゆっくりにするために飲む薬しかありません。 その中の薬の一つにアリセプト®(ドノペジル)という薬があることをご存知でしょうか? …

認知症の薬の副作用 | 漢方には問題はないの?

認知症の症状を改善させるために漢方薬が使われるのをご存知でしょうか? 物忘れや記憶障害、学習障害などの中核症状に対してや、興奮、イライラ、うつ症状などの周辺症状に使われ、内服することがあります。 今回はいったい認知症にはどんな漢方が使われ、…

認知症の薬の副作用 | レミニールで傾眠、やる気がなくなる

レミニール®(ガランタミン)ですが、コリンエステラーゼ阻害薬の一種であり、飲むことで活動性が上がったり、活気が出ることが多い薬です。 ただ傾眠となったり、やる気がなくなったり、うつ症状がでたりすることも報告されており、注意が必要です。 レミニ…

認知症の薬の副作用で不整脈がでる可能性が!

認知症の薬の中でアセチルコリンエステラーゼ阻害薬には不整脈の副作用の可能性があることをご存知でしょうか? あまり頻度的には多いものではありませんが、命に関わる場合があり十分注意が必要です。 今回は認知症の薬と不整脈との関係、副作用がでた時の…

認知症の薬の副作用 メマリーで眠気、幻覚が出た時の対処法

認知症の薬でメマリー®(メマンチン)ですが、アルツハイマー型認知症の中等度から重症の患者に使用される薬です。 メマリー内服でめまいがでることが多いのですが、次いで眠気、幻覚などの副作用がでることもあります。 なぜ眠気や幻覚がでるのか、そしてそ…

認知症で使われるパッチ薬の皮膚への副作用と対処法

認知症の薬の中には記憶や学習力をあげたり、活気を出すようにするものがあります。その中にはパッチ薬もあり、リバスタッチ®(リバスチグミン)、イクセロンパッチ®(リバスチグミン)がパッチ製剤になります。 このパッチ製剤持続的に効果があるのですが、…

レビー小体型認知症は薬で副作用がでやすい!それ本当?

あなたはレビー小体型認知症という病気をご存知でしょうか? 最近ではアルツハイマー型認知症についで多いともいわれる認知症であり、特徴的な症状が出る病気です。 このレビー小体型認知症ですが、実は認知症の薬で副作用がでやすいことが最近報告されてい…

認知症は何科に行くのがBEST?薬の副作用を防ぐために

認知症の薬の副作用を抑えるためには、介護対応やサプリなどいろいろな方法があると思います。 でもやっぱり、まずはみてくれる医者や病院が大事なのでは? 認知症の知識をしっかり持って対応できる医者の方がしっかり診断できて、しかも副作用を出す頻度は…

認知症の薬の副作用 | パッチ剤とはどんなもの?

認知症の薬の中にはパッチ製剤があります。 リバスタッチ®(リバスチグミン)、イクセロンパッチ®(リバスチグミン)と2種類あり、認知症の中核薬として使用されています。 この2種類の薬についての効果や使用方法、副作用について解説します。

認知症の薬の副作用 | メマリーでめまいやふらつきが出た時

認知症の薬の中でメマリー®(メマンチン)があります。脳内のグルタミン酸濃度調整することで症状を緩和させる薬です。 ただこの薬にはめまい、ふらつきの副作用がでることが多く報告されています。 今回は認知症の薬の作用とめまい、ふらつきの副作用につい…

認知症の薬、治療薬の副作用 | メマリーとは?

認知症の薬には記憶などの中核症状を改善する薬、興奮したり、攻撃性が強くなったり、活気がなくなっりする周辺症状に使われる薬があります。 メマリー®(メマンチン)は中核薬の一種ですが、中等症から重症のアルツハイマー病に使用される薬です。 今回はメ…

認知症の薬の副作用 | レミニールで興奮、攻撃性がでた時は?

レミニール®(ガランタミン)は認知症の薬の中では中核薬とよばれるものであり、活気や意欲をだす効果があることが知られています。 ただその効果が強すぎると副作用として興奮したり、怒りっぽくなったり、攻撃性が増してしまい、周囲の人に迷惑をかけてし…

認知症の薬の副作用 | レミニールで嘔吐、嘔気がでた時

認知症の治療薬には副作用がでることがあります。 その中でも消化器症状が最も多く出やすい副作用であり、かなりの人が経験します。 しかもレミニール®(ガランタミン)は認知症の進行を遅らせるアセチルコリンエステラーゼ阻害薬の中では最もその頻度が多い…

認知症の薬の副作用 | アリセプトでうつになることが!

認知症の薬の副作用として「うつ」「抑うつ傾向」のような症状がでる場合があります。 アリセプト®(ドノペジル)は内服することで活気でたり、意欲をしめしたりすることが多い薬です。 ですがうつ症状のような精神症状もでる時があり、その頻度は少ないよう…

認知症の薬の副作用 | アリセプトでパーキンソン症状がでた時

認知症の薬の副作用でパーキンソン症状がでる場合があります。 しかも認知症の薬だけでなく、抗精神病薬、その他の薬でもパーキンソン症状が出る場合もあります。 パーキンソン症状は錐体外路兆候とも呼ばれ、多くの薬の副作用としてでることが多いものです…

認知症の薬の副作用 | アリセプトの消化器症状

認知症の薬の中でも中核薬と呼ばれる薬には消化器症状がでやすいといわれています。 アリセプト®(ドノペジル)も同様で嘔気、嘔吐などの消化器症状がでることがあります。 認知症の薬で消化器症状がでると食事摂取量が減ってしまい、栄養状態が低下すると筋…

認知症の薬の副作用 | アリセプトでふらつく、歩行できない時

認知症の薬の副作用としてふらつき、歩行困難、パーキンソン症状が出る場合があります。 その中でもアリセプト(ドノペジル)はパーキンソン症状を出たり悪化したり、ふらついたり、歩行障害が進行したりすることがあります。 なぜふらついたり、歩けなくな…

認知症の薬アリセプトで認知症が悪化することがあるのか?

認知症は決して治ることない不治の病です。 少しでもよくなるように、祈りながら進行を抑えるための薬を飲みます。 でも時々アリセプトなどの中核薬を飲むことで認知症の症状が悪化する可能性があるのをご存知でしたか? 認知症の薬で認知症が悪くなる。この…

認知症の薬の副作用 | アリセプトで傾眠、うつがでた時

認知症になると攻撃的になったり、興奮したりするイメージが強いのでは? 実はその反対にやる気がなくなったり、活気がなくなったり、傾眠がちになったり、うつのような症状がでたりする場合も多くあります。 その時アリセプトなどの認知症の治療薬は活気が…

認知症の薬の副作用 | アリセプトで興奮、攻撃性が出た時

photo by Jeromy_S 認知症の薬の中でアリセプト®(ドノペジル)には活気を出す作用があります。 最近アリセプトを飲むことで興奮したり、怒りっぽくなったり、攻撃的になったりすることが多く報告されてます。 活気がでて元気になってくれるのであれば本当に…

認知症の薬の副作用 | アリセプトについて

認知症の薬の中で世界初の薬として登場したアリセプト(ドノペジル)。認知症に対しては非常にいい薬ですが、やはり副作用が出る場合があります。 最近アリセプトに関しては様々な副作用が報告されており、副作用中心に解説します。

認知症の薬 アリセプトとは?

認知症の薬の副作用を知る前に、認知症の薬自体について十分理解する必要があります。今回は中核薬であるアリセプト®(ドノペジル)について解説します