読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の薬レミニール(ガランタミン)の副作用とは?

認知症には中核薬と呼ばれる薬があり、現在4種類ほどあります。その中にコリンエステラーゼ阻害薬の1種類であるレミニール(ガランタミン)という薬があります。 この薬ですが、認知機能の改善、さらに他の効果も期待されている薬です。ただ効果ばかりでな…

認知症の薬の副作用 | レミニールで傾眠、やる気がなくなる

レミニール®(ガランタミン)ですが、コリンエステラーゼ阻害薬の一種であり、飲むことで活動性が上がったり、活気が出ることが多い薬です。 ただ傾眠となったり、やる気がなくなったり、うつ症状がでたりすることも報告されており、注意が必要です。 レミニ…

認知症の薬の副作用 | レミニールで興奮、攻撃性がでた時は?

レミニール®(ガランタミン)は認知症の薬の中では中核薬とよばれるものであり、活気や意欲をだす効果があることが知られています。 ただその効果が強すぎると副作用として興奮したり、怒りっぽくなったり、攻撃性が増してしまい、周囲の人に迷惑をかけてし…

認知症の薬の副作用 | レミニールで嘔吐、嘔気がでた時

認知症の治療薬には副作用がでることがあります。 その中でも消化器症状が最も多く出やすい副作用であり、かなりの人が経験します。 しかもレミニール®(ガランタミン)は認知症の進行を遅らせるアセチルコリンエステラーゼ阻害薬の中では最もその頻度が多い…

認知症の薬 レミニール(ガランタミン)とは?

認知症の薬の中で中核薬と呼ばれているものがあります。 認知症の症状の進行を抑制する薬であり、2011年に日本で発売されたレミニール®(ガランタミン)。レミニールは記憶の障害そして周辺症状などに効果があるとされ、認知症患者に使われています。 今回は…