読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の薬の副作用 | パッチ剤とはどんなもの?

認知症の薬の中にはパッチ製剤があります。

リバスタッチ®(リバスチグミン)、イクセロンパッチ®(リバスチグミン)と2種類あり、認知症の中核薬として使用されています。

この2種類の薬についての効果や使用方法、副作用について解説します。

  

認知症の薬のパッチ剤とは?

f:id:brainexpert122:20160913064605j:plain

photo by 小野薬品工業

認知症の薬のなかで中核薬と呼ばれる種類のものがあります。

アリセプト、レミニールなどが中核薬になり、コリンエステラーゼ阻害薬と呼ばれていますが、皮膚に貼って治療を行うパッチ剤もあります。

パッチ剤にはリバスタッチ®(リバスチグミン)イクセロンパッチ®(リバスチグミン)の2種類があります。

2011年よりリバスタッチは小野薬品工業株式会社から販売されており、イクセロンパッチはノバルティスファーマー株式会社から販売されています。

名称は別ですが、どちらも同じ成分であり、効果も変わりません。

 

基本的にはアルツハイマー型認知症の初期から中等症の患者に使用されています。ただ最近ではレビー小体型認知症や歩行障害をきたす認知症にも使用されることが増えている薬です。

他の中核薬同様に神経伝達物質であるアセチルコリンを神経細胞から放出された後でも分解されないようにしてアセチルコリンを増加させます。

この作用が神経伝達をスムーズにして、認知症の記憶や学習能力を向上させる作用があります。

またこの薬にはブチルコリンエステラーゼという成分も阻害する作用があり、他のアリセプトやレミニールなどと若干作用効果が違うところもあります。

そのため他の認知症薬で副作用が出たり、効果が出た時にはリバスタッチ/イクセロンパッチが使用される場合もあります。

リバスタッチ/イクセロンパッチの効果、使用方法

リバスタッチ/イクセロンパッチは認知症の薬の中では唯一のパッチ製剤です。そのため飲むことが難しい人、薬を飲むのが嫌いな人には貼るだけでいいため使いやすい薬です。

効果としては先ほどもあったように基本的には脳内のアセチルコリンを増加させることで記憶、学習力などをあげる作用があります。

また認知機能低下の進行を抑制する作用があります。

最近ではグレリンと呼ばれる成分も増やす作用もわかっており、これによって食欲が上がる人もいることがわかっています。

 

パッチのため皮膚から徐々にその成分が吸収されるため、持続性の効果があり、さらに薬を剥がせばすぐに効果が切れるといったメリットがあります。

ただし逆に薬を貼り続けていないと効果はありません。

現在両製剤ともに4.5mg、9mg、13.5mg、18mgの4種類があります。他のものとは違ってパッチ製剤しかありません。

4.5mgから開始して、1ヶ月ごとに増量されていき、最終的に18mgまで増量されます。

途中で副作用がでた場合には、少ない量にて維持されることもあります。

リバスタッチ/イクセロンパッチの副作用と注意点

f:id:brainexpert122:20160913065348j:plain

リバスタッチ/イクセロンパッチの最も多い副作用は皮膚症状です。

どうしてもパッチ製剤のため皮膚がまけてしまうことが多くあります。

主な皮膚症状としては接触した部位の紅斑37.7%、接触した部位の瘙痒感36.6%、接触性皮膚炎25.4%、接触部の浮腫11.1%、接触部の表皮はく脱4.8%があり、かなりの頻度ででるため注意が必要です。

 

またアリセプト、レミニールと同様に消化器症状も多く、嘔吐、嘔気、食欲不振、胃潰瘍などの副作用が報告されています。さらにパーキンソン症状の出現、悪化、けいれん発作、精神症状(興奮、幻視、易怒)なども起こる可能性があります。

他にも多くの副作用がありますが、頻度的にはかなり低いものばかりです。ただ使用していてどうしても気になるような症状がでた場合にはネット上で添付文書を参考にするかかかりつけ医に相談してみてください。

 

注意点としては、風呂などに入ったり、汗を掻くと剥がれやすいため、剥がれた時にはなるべく早めにはりかえてください。

あと皮膚症状がでやすいため、リバスタッチ/イクセロンパッチを使用する時にはお肌の手入れにも気を使ってください。

あと貼る部位は何度も同じところでなく、なるべく前の場所とかさらないように貼るようにしてください。

 

リバスタッチ/イクセロンパッチにも副作用が出る可能が十分あるため注意が必要です。