読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症は薬だけじゃない!サプリメントのメリットとは?

認知症の薬以外の治療

認知症になってもなんとか進行を抑えたいとあなたは思いませんか?

本人は「治したい」と思うでしょうし、家族は「なんとか治してあげたい」と思っている人が大半だと思います。

しかしながら最近認知症の薬で副作用が多く報告されており、認知症を治したいと思っている人にとっては残念なことがたくんさん起こっています。

実はこのサイトも多くの方が副作用を調べるために参照していただいています。

認知症の薬の中でも、特にアリセプト、レミニール、リバスタッチ、メマリーなどの中核薬で副作用が多く、進行を抑えることができない人もいます。

認知症の薬の副作用で困っている人には朗報です。

認知症は薬だけが治療じゃありません。サプリメントにも今は期待が持たれています。実際どのサプリにその効果があか知っていますか?

今回は認知症になった時に、サプリメントにどんなメリットがあるのか解説します。

認知症にサプリメント?

f:id:brainexpert122:20170126071821j:plain

あなたはサプリメントの定義を知っていますか?

サプリメントとはビタミン、ミネラル、アミノ酸など不足しがちな栄養を補うための栄養補助食品として定義されています。

だからサプリメントは薬ではなく、あくまでも栄養補助食品です。そのためどのサプリメントも確実な効果を表現することはできないことになっており、もしも違反がひどい場合には薬事法違反になり罰せられます。

そのため今日本では「認知症の症状を改善できる」と直接的な表現を使ったサプリメントは販売されていません。

ただ最近特定の栄養成分が認知症の症状を改善させる作用があることが発見されており、非常に注目されています

今注目されている成分はプラズマローゲンフェルラ酸ホスファチジルコリンの3成分になります。

特にプラズマローゲンは昨年人に対しての臨床試験の結果が報告され、軽度から中等度の認知症の人がこの成分を摂取することで改善効果があることが報告されました。

フェルラ酸やホスファチジルコリンも同様に人への研究で効果が報告されており、この成分を含んだサプリメントに人気が集まっています。

薬を飲みたくない、飲ませたくない、副作用で困っている人などは試してみる価値はあります。

薬よりもサプリメント?そのメリットとは?

f:id:brainexpert122:20170126072103j:plain

まずは認知症と診断された時にはしっかりと今あるお薬を試してみてください

全ての人に副作用がでるわけではなく、薬嫌いでなければ試してみましょう。

その上で薬が飲めない、副作用が出て大変という場合にはサプリメントを試してみる価値はあります。

実際サプリメントにも期待されるものがあり、飲んでみる価値はあります。では一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

認知症の人がサプリメントをとるメリット

サプリメントには副作用がない

先ほども記載したようにサプリメントは栄養補助食品です。あくまでも食品と同様のものであり、副作用はありません。だから消化器症状や嘔吐、嘔気などに困ることはなく、怒りっぽくなったり、元気がなくなったりすることはありません。

ただし食物の場合には、成分に対してのアレルギーの可能性はあります。その点には注意が必要です。

ネット注文可能であり、いちいち医療機関を受診しなくてもいい

サプリメントは医療機関で販売されているものもありますが、ほとんどのものがネット注文で購入可能です。

そのため簡単手に入り、簡単に飲ませることができ、しかも自分でしっかりと選ぶことができます。

ただし認知症と診断されている方は医療機関でのフォローも重要であり、よくかかりつけ医と相談することも大事です。

薬よりも効果が出る可能性がある

 中核薬と呼ばれる薬はしっかりとした研究によってその効果が実証されています。しかしサプリメントはちゃんとした研究で効果が証明されたわけではありません。

ただし今注目されているプラズマローゲンフェルラ酸フォスファチジルコリンは一部の人でかなり効果がでることがわかっており、期待が持てます。

 上記の3点がサプリメントのメリットです。

 

メリットもありますが、注意点もあります。

サプリメントもいろいろなものがあります。そのためしっかりと商品を吟味して、大丈夫と確信できるものを選びましょう。

またサプリは実は生鮮食品と変わらず、賞味期限があります。効果を期待するのであればしっかりと早めに飲むことが大事です。

そしてサプリを試すと決めたなら3ヶ月程度は続けてみることです。薬のように即効性のものは通常ありませんし、目に見えての改善もすぐはありません。そのためじっくりと腰を据えてからサプリメントを試すようにしてください。

認知症の薬で副作用に困ったら

今認知症の薬以外にも症状を改善させる手段があります。それは介護だったり、サプリメントだったりといろいろな方法があります。

もしどうしても薬以外の方法を試してみたい、認知症の薬が合わない、副作用が出て飲めない、もっと症状をよくしたいなどと考えるのであれば試してみる価値はあるでしょう。ただしあくまでも補助的な働きとして考え、使ってみてください。

オススメサプリはこちら

xn--cck3an0lxd8941cnddw92c.xyz

介護で頑張ってみる人はこちらを参考に

furusatonouzei-otoku.hatenablog.com

認知症は薬だけではありません。副作用に困ったりしたら、サプリメントも一つの方法かもしれません。