読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の薬は本当に効くの?イクセロンパチの副作用とは?

認知症の薬の副作用-イクセロンパッチ

認知症の薬には様々なものがありますが、現在中核薬と呼ばれる薬がもっとも認知症の治療の中では使われている薬になります。

その中核薬と呼ばれるものにはアリセプト、レミニール、リバスタッチ、メマリーの4種類が現在日本で使用されています。どの薬もちょっとずつ作用する点が違っており、しかも効果も若干異なっています。

その中でイクセロンパッチについて今回は注目してみます。認知症の薬は効くのでしょうか?さらに副作用などは心配しなくていいのでしょうか? イクセロンパッチ®️(リバスチグミン)の薬の効果、そして副作用につて徹底的に解説します。

イクセロンパッチはどんな薬?

f:id:brainexpert122:20170206164941p:plain

イクセロンパッチですが、2011年にノバルティスファーマという海外メーカーからから販売開始された薬であり、認知症の治療に多く使われている薬になります。

リバスタッチと呼ばれる薬もありますが、成分は同様で販売会社が違うだけの薬でほぼ一緒の働きをします。どちらの薬も同一成分であり、販売元が違うために2種類の名前が付いています。

このイクセロンパッチですが、他の中核薬と違って体にはるパッチ製剤です。この薬は内服する必要はなく、ただ単に体のどこか貼るだけで効果を発揮する薬です。

基本的にはアルツハイマー型認知症の初期から中等症の患者に適応がある薬であり、アルツハイマー型認知症と診断された患者様に使用されています。

ただし最近では海外の研究でレビー小体型認知症や歩行障害をきたすような認知症(大脳基底核変性症、進行性核上性麻痺)に一部効果があることが報告されており、使用されるケースも増えているようです。

イクセロンパッチもアリセプトなどの他の中核薬と同様に神経伝達物質であるアセチルコリンを増加させる作用があります。この作用からアセチルコリンエステラーゼ阻害薬と呼ばれており、認知症の初期の段階から使われております。

基本的には脳内のアセチルコリン濃度を増加させて、神経同士の神経伝達の働きを回復させ、記憶障害や学習能力障害を改善させる作用があるとされています。

またさらにリバスタッチと同様ですが、ブチルコリンエステラーゼという酵素も阻害する作用があります。この作用により他の薬よりもアセチルコリンの量が増えると考えらえており、効果が期待されています。 また作用は分かっていませんが、歩行の改善をもたらす可能性があることも最近では報告されておりその効果も期待されています。

イクセロンパッチですが、実は他の薬とは違って体に貼理、皮膚からゆっくりじわじわと吸収されながら成分が吸収されていき、効果を発揮します。

そのためパッチは1日中張っていないと効果が出ません。 パッチ製剤のためはいでしまえば効果はなくなってしまいます。そのため副作用がでた時にはすぐにはいでしまえば薬の効果は切れ、副作用もすぐに改善する点が他の薬とは違う点になります。

イクセロンパッチのメリットとは?

f:id:brainexpert122:20170201200603j:plain

イクセロンパッチの一番のメリットはやはり貼付剤である事です。

肌に貼ることで効果を発揮する薬であることから介護者の方が背中に触れながら貼ることが可能であり、認知症の人を安心させる作用があります。

他の薬は内服のため一旦服用し、腸管から吸収されてしまうと薬の血中濃度が急激に上がってしまいます。

認知症を改善させる効果が出てくれればいいのですが、副作用がでてしまうと薬が排泄されるまで副作用が改善しません。 一方イクセロンパッチは皮膚からゆっくりと吸収されるために他の薬と違って急激に効果がでることはありません。

そのため他の薬よりも嘔気、気分不良、食欲低下などの副作用が出にくいとされています。 さらにイクセロンパッチは貼付薬であることからはいでしまえばすぐに薬の影響がなくなります

効果もすぐに切れてしまいますが、一方で副作用でた時にははいでしまえばすぐに回復しやすいことがメリットになります。

またイクセロンパッチですが、グレリンと呼ばれる胃から産生される消化酵素を増やす効果があります。このグレリンですが視床下部に働き食欲を増進させたり、下垂体に作用して成長ホルモンを増加させる効果があるといわれています。

最近では認知症の人で食欲が低下している人に対して処方されるようになっています。この食欲が上がる作用は今本当に注目を浴びています。 イクセロッパッチですが、貼付剤であること、食欲にも作用する効果があることがメリットになります。

イクセロンパッチのデメリットと副作用について

メリットでもあるのですが、やはり貼付剤という点がデメリットになります。

貼り薬のためどうしても皮膚のトラブルが起きやすく、貼ったところが腫れたり、赤くなったり、かゆみ、ひどい場合には痛みもでたりして継続が困難なることが多いと報告されています。

皮膚のトラブルが多くなってしまうことがイクセロンパッチの一番のデメリットです。

薬の副作用とは?

イクセロンパッチの副作用ですが、一番多いのがやはり皮膚トラブルになります。

市販後の調査で、80%近い副作用が実は報告されています。そのほとんどが皮膚へのトラブルでした。 ・貼ったと部位の紅斑 37.7% ・同じく貼った部位のそうよう感 36.6% ・接触性皮膚炎 25.4% ・貼った部位の浮腫 11.1% ・貼った部位の表皮剥離 4.8% このように多くの皮膚トラブルが報告されており、イクセロンパッチには起こりやすい副作用になります。

あとどうしてもアセチルコリンを増加させる作用があるため消化器症状の副作用が多く報告されています。

嘔吐 7.8%、悪心 7.6%、食欲減退 5.2%と報告されています。他の薬に比べるとやや消化器症状の副作用は少ないようですが、それでも注意が必要です。  

その他重大な副作用としては ・不整脈、心筋梗塞、房室ブロック ・脳血管発作、けいれん発作 ・食道破裂を伴う嘔吐、胃潰瘍 ・失神 ・幻覚、せん妄 などの副作用が出ることもあり、十分注意が必要です。

イクセロンパッチで副作用がでた時の対処法は?

f:id:brainexpert122:20170201201030j:plain

イクセロンパッチを処方されてから貼付しだしてからは、体に何か変化がないかしっかりと確認しましょう。

副作用には色々なものがあり、本人、家族しか症状には気が付きません。だから薬を始めてからは十分に気をつけましょう。

イクセロンパッチに関しては、皮膚症状の副作用が非常に多くでています。しっかりと皮膚の保湿を保つことが副作用をださないコツになります。

保湿剤などを購入してしっかりと皮膚に潤いを与え、健康的な状態に維持するよう心がけましょう。また皮膚症状を出さないようにするためにも必ず貼るところは変えていくようにしてください。

貼る場所を変えてもどうしても赤くなるようならステロイドが含有されている軟膏等を使うようにしてください。

どうしても皮膚症状が続くようならやはり継続は困難です。

この場合には必ずかかりつけ医に相談して、イクセロンパッチを減量もしくは中止してもらい、薬を他のものに変更してもらいましょう。

またどうしてもすぐにかかりつけに受診ができない時には、本人、家族の判断で中止するようにしてください。

リバスタッチは認知症の薬であり、貼り薬です。メリット、デメリットありますが、やはり副作用はつきものです。十分注意しながら使うようにしてください。