読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の介護は相談から!自宅で苦労しているならあなたも

f:id:brainexpert122:20170327163636j:plain

アルツハイマー型認知症の祖母の介護で私たちはいつもヘトヘトでした。

毎日毎日いろいろなことで驚かされ、本当に大変な日々を送っていました。

でも施設に預けたくてもお金が・・・・

介護保険サービスを使うようになて今はなんとか自宅で介護を続けられています。

何事も「相談する」ことが大事です。

アルツハイマー型認知症の祖母の介護

アルツハイマー型認知症の祖母がいます。

 

現在86歳、要介護3です。

 

歩行は自分でできますが、腰が曲がっていて杖を使用しながら歩くこともあります。

食事は自分で食べれますが、家事は全くしません。

 

わたしの年齢は25歳、祖母、父親、母親の4人暮らしです。

 

祖母は、夜中にトイレに行くことがありますが、トイレで用を足した後リビングへ行ってリビングにあるお菓子や食べ物を漁ることがあり、とても困っています。

 

過去に祖母は、夜中に冷蔵庫を開けっぱなしにしながら冷蔵庫にある物を食べていたことがありました。

 

私はその姿を見て、「いま何時か分かってるの?」と聞いたら、

祖母は「わからない。腹が減った。」と虚ろな表情をしながら言いました。

 

私はショックで言葉が出ませんでした。

 

これからも同じような行動が続くのであれば、介護施設へ入所させなきゃいけないのかなと思いました。

 

家族と相談しましたが、入所させるとすごくお金がかかるので、もう少し考えるということになりました。

 

祖母は去年、困った事に、夜中トイレに行く途中に転倒して腰を強く痛めてしまった経験があります。(祖母は自分が転倒して腰を痛めたことを覚えていません。)

 

そのため夜中に異常な行動をされると、家族としてはすごく不安な気持ちになります。

 

また転倒してしまうと動けないようになってしまうかもしれないからです。

 

腰を痛めた次の日は、毎日「腰が痛いー。」と連呼するので、すごくストレスを感じました。祖母が腰を痛めてからは、祖母の掛かり付けの病院へ何回も通いました。

 

祖母は一人で病院へ行くことができないので、わたしと母親が祖母の歩行介助をしながら通院させていました。

 

祖母が「なんでこんなに腰が痛いんだろう。」と呟くことがあり、転倒したことを本当に覚えていないんだなと思い、少し残念な気持ちになりました。

認知症の介護はお金がかかる!介護保険の利用がベター?

認知症の祖母には介護が本当に必要でした。

ただ私たちも仕事があります。

私と父親と母親それぞれが日中の時間に仕事をしているので、一日中祖母の介護をするわけにはいけません。

 

介護がめんどくさいといって施設に任せたくても結構値段が高くてとても簡単には入れることができません。

 

でも介護が必要な状況です。

 

だから私たちはディサービスとショートステイを併せながらなんとか自宅で介護することに決めました。

 

ディサービスは数年前から利用していたので、ケアマネージャーの方に祖母のことについて相談しました。

 

わたしの母親と父親の仕事が毎週土曜日に残業になることが多く、土曜日に祖母に何か異変が起きたらすぐに対応できなくなってしまいます。

 

だからケアマネージャーに相談して毎週金曜、土曜、日曜は特養護老人ホームのショートステイを利用しています。

 

以前からずっと毎日祖母の介護をしていたため、精神的にストレスを感じることが何度もありました。

 

一番ストレスを感じることは、祖母が頑固な態度をとるときが一番ストレスを感じました。

 

例えばディサービスに行く前に着替えなど準備をしますが、祖母は認知症で現在の季節を理解していないため冬なのに薄着の服を準備しようとします。

 

季節が冬なのに薄着の服を着るのはおかしいので、わたしが祖母に注意をしました。

 

すると祖母は、「お前に何がわかるんだ!勝手にしろ!」と私に向かって怒鳴りました。

 

私も言い返そうとしましたが、無駄だと思ったので止めました。

 

祖母がいなくなればいいのにと思ったことが今まで何度もありますが、祖母は自分が認知症であることを理解していないので仕方ないのかなと思います。

 

ショートステイを利用するようになってからは、祖母の介助をする機会が減り、介護がだいぶん楽になり、大分気が楽になりました。

 

また、祖母がショートステイを利用している日は自分の時間を有効に使えますし、安心して仕事ができるのでとても助かっています。

 

ケアマネージャーの方に相談をして、本当に良かったと心から思っています。

 

やはり認知症の介護は労力とお金と色々と大変です。ただ介護保険の仕組みをうまく使えればなんとか自宅でも介護はできます。

 

何か困ったことがあったら誰かに相談することが大事なのではないでしょうか?

furusatonouzei-otoku.hatenablog.com