読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

リバスタッチ/イクセロンパッチの認知症への副作用とは?

認知症の薬の中に中核薬とよばれている薬があります。

脳内のアセチルコリンを増やす作用があるのですが、その中にパッチ剤でリバスタッチ®(リバスチグミン)、イクセロンパッチ®(リバスチグミン)という2種類があります。

この薬ですが、最近認知症によく使われています。

今後あなたの家族がこの薬を使う場合もあるかもしれません。 いったいどんな薬で、どんな効果や使用方法、副作用があるのか解説します。  

 

リバスタッチ/イクセロンパッチとはどんなもの?

f:id:brainexpert122:20160913064605j:plain

photo by 小野薬品工業

イクセロンパッチ®(リバスチグミン)はアリセプト、レミニールなどの中核薬と同じ、コリンエステラーゼ阻害薬ですが、内服するのではなく、皮膚に貼って治療を行うパッチタイプの薬です。

2011年よりリバスタッチは小野薬品工業株式会社から、イクセロンパッチはノバルティスファーマー株式会社から販売され、日本でも使われるようになりました。

どちらの薬も同一成分であり、販売元が違うために2種類の名前が付いています。

アルツハイマー型認知症の初期から中等症の患者に適応がある薬です。

ただし最近ではレビー小体型認知症や歩行障害をきたす認知症に海外では効果があるとの報告が出ており、使用されることが増えています。

パッチ製剤ではありますが、アリセプトなどと同様で神経伝達物質であるアセチルコリンを増加させる薬になります。

他の薬と同様にアセチルコリンを増加させて、記憶障害や学習能力障害を改善させる作用があります。

またこの薬は他と違いブチルコリンエステラーゼという酵素を阻害する作用もあり、それによって他の薬とはやや違った作用も出ることもあります。

リバスタッチ/イクセロンパッチの効果、使用方法

リバスタッチ/イクセロンパッチは認知症の薬の中では唯一のパッチ製剤です。

パッチ製剤は貼ることでゆっくりと成分が浸透していき、作用もゆっくりでます。剥がせばすぐにその効果もなくなるため副作用には対処しやすい薬です。

またもともと飲み込むことが難しい人、錠剤、散剤が苦手な人には貼るだけでいいため使いやすい薬です。

この薬は基本的には記憶障害などの認知症の進行抑制に効果が示されており、さらにはうつ、活動性低下などの周辺症状にも効果がることがわかっています。

また最近ではグレリンと呼ばれる成分も増やす作用もわかっています。このグレリンですが、胃から産生されるホルモンであり、脳内に作用して成長ホルモンを分泌したり、食欲中枢を刺激する作用があります。

この作用のおかげでリバスッチ/イクセロンパッチを使用して、食欲が上がる人が多くいることも報告されており、認知症の食欲低下に効果を発揮することがあります。

 使用方法

パッチ製剤であり、基本的には剥がれにくい場所に貼って使用する薬です。

そのため薬を貼り続けていないと効果でないため1日中貼り続ける必要があります。

現在両製剤ともに4.5mg、9mg、13.5mg、18mgの4種類があります。他のものとは違ってパッチ製剤しかありません。

4.5mgから開始して、1ヶ月ごとに増量されていき、最終的に18mgまで増量されますが、途中で副作用がでた場合には減量、少量維持されることもあります。

リバスタッチ/イクセロンパッチの副作用と注意点

まずこの薬ですが、洞不全症候群、心臓の伝道障害がある人は薬に症状が悪化する可能性があります。

また胃潰瘍、十二指腸潰瘍があったり、経験したことのある人は症状が悪化する恐れがあります。

アセチルコリンを増加させるためパーキンソン症状が出ることがあるため注意していただき必要があります。

以上のようなことを頭に入れて、必ずかかりつけ医にはこのことを伝えてください。

副作用とは?

他の薬と同様で体内のアセチルコリンが上昇するため消化器症状が多く嘔吐嘔気食欲不振胃潰瘍などの副作用が報告されています。

またリバスタッチ/イクセロンパッチはパッチ製剤のため、最も多い副作用は皮膚症状になります。

どうしてもパッチ製剤のため皮膚と接触するため多くの皮膚症状が報告されています。 主な皮膚症状としては、

・接触した部位の紅斑37.7%

・接触した部位の瘙痒感36.6%

・接触性皮膚炎25.4%

・接触部の浮腫11.1%

・接触部の表皮はく脱4.8%

があります。

かなりの頻度で副作用として皮膚症状が出るため使用しだしてからは注意が必要です。 皮膚症状が多いためそちらに目が行きやすいのですが、他にも精神症状をだしたり、パーキンソン症状などの副作用など様々なものがあります。 使用後からはかなり何変化ないかしっかりと観察するようにしてください。

 副作用が出ないようにするための注意点

イクセロンパッチ/リバスタッチは皮膚への副作用が多く報告されています。

そのため使用する際には少し注意する必要があります。

まずは乾燥した状態の肌に使用すると皮膚症状がでやすいため、保湿するように心がけ、必要であれば保湿剤などを使用して、しっかりとお肌の手入れを行ってください。 そうすることで幾分肌への負担が減り、副作用が出にくくなります。

また貼る部位は毎日必ず変えてください。前の場所とかさなると副作用が出やすくなるため、毎日必ず変更しましょう。

風呂に入ると水にさらされるため剥がれやすくなります。剥がれてしまうと薬と違い効果がすぐに切れてしまうため注意がしてください。

副作用がでた時には

f:id:brainexpert122:20160917064451j:plain

リバスタッチ/イクセロンパッチにも副作用が出た場合にはすぐに使用を中止しましょう。パッチ製剤のため基本的には剥げば症状は改善します。

もっとも多い副作用の皮膚症状ですが、基本的には剥がせば改善します。ただし表皮剥離、水泡など形成した場合にはその後悪化する可能性があり、治療が必要な場合があります。

そのため必ず皮膚症状が悪化している場合には、かかりつけ医に診察してもらいましょう。

その他の副作用がでた時に薬を中止、もしくは減量が必要になります。必ずかかりつけ医を受診して、しっかりとした指示を仰ぐようにしましょう。

リバスタッチ・イクセロンパッチには色々な副作用が出る可能性があります。

もしも薬を使いだしてから何か様子がかわったけれども副作用かどうかの判断がつきにくい場合には、まずはかかりつけ医に聞いていみましょう。相談しにくい場合には、認知症、介護の無料相談サイトやyahoo知恵袋などを利用してみて他の人の意見を聞いていみましょう。

ネット相談はこちからから

furusatonouzei-otoku.hatenablog.com

リバスタッチ/イクセロンパッチは貼り薬です。ただ湿布などと違い副作用が出ることが多い薬です。 使用中は十分注意して副作用がでた時には早めに対処するようにしましょう。