読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症の薬、治療薬の副作用対処法

認知症に困っている方は改善を期待して薬を飲んでいます。認知症の治療薬にはアリセプト、メマリー、レミニールなどがあります。効果もありますが反面副作用もあります。嘔吐や歩き方が悪くなったり、怒ったりする副作用があり、その対処法を解説するサイト。

認知症の薬の副作用-メマリー

認知症の薬 メマリーで幻覚の副作用が出た場合には?

認知症の薬には様々な副作用があります。 メマリー®(メマンチン)と呼ばれるアルツハイマー型認知症の中等症以上の人に使用される薬があります。 このメマリーですが、薬の飲み始めや増量時に服作用が多く出ると報告されています。 その中でも最近幻覚の服…

認知症の薬メマリーとアリセプトはどう違うの?

認知症になると物忘れなどの記憶障害に始まり、様々な症状がでてきます。 そのため少しでも症状を遅らせるために薬を飲みます。 現在日本には4種類の認知症の薬があります。 よく使われるアリセプト®(ドノペジル)とメマリー®(メマンチン)ですが、どのよ…

認知症の薬の副作用 メマリーで眠気が出た時は?

認知症の薬には様々な副作用があります。 その中でメマリー®(メマンチン)と呼ばれる薬があるのをご存知でしょうか? メマリーは物忘れなどの記憶障害など中核症状に対して使われる薬です。 この薬ですが、飲み始めてから眠気の症状がでることがあります。 …

認知症の薬の副作用 | メマリーでめまいやふらつきが出た時

認知症の薬の中でメマリー®(メマンチン)があります。脳内のグルタミン酸濃度調整することで症状を緩和させる薬です。 ただこの薬にはめまい、ふらつきの副作用がでることが多く報告されています。 今回は認知症の薬の作用とめまい、ふらつきの副作用につい…

認知症の薬、治療薬の副作用 | メマリーとは?

認知症の薬には記憶などの中核症状を改善する薬、興奮したり、攻撃性が強くなったり、活気がなくなっりする周辺症状に使われる薬があります。 メマリー®(メマンチン)は中核薬の一種ですが、中等症から重症のアルツハイマー病に使用される薬です。 今回はメ…